活動内容


「あったか社会」つくりをはじめよう

 

 「あったか人生」あふれる社会をめざして、「はたらく」と「くらし」をテーマに、以下のような活動を行っています。

 

調査・研究、会報の発行等による情報の発信


会報「あったか情報」の発行

年4回、新年号、春季号、夏季号、秋季号を発行し、会員の方にお届けしています。編集方針は、会員からの投稿を大切にして、活動に参加している「人」が見えるような紙面とすること、会報を通じて人的なネットワークを拡げ、更なる活動分野の拡大に繋げることです。

そのため幅広い方々に原稿を依頼させていただき、毎回読み応えのある誌面となっています。


教育の普及及び研修活動


講演会・セミナー

労働分野、生活分野、ビジネス分野について、年間を通じて、各種の講演・セミナーを開催しています。年2回のメインイベントである新春講演会と総会記念講演会には、 毎回100名程度の参加者があります。

時機にかなった社会的課題について、一流の研究者や実務家が講師として応えてくれます。 

 


出前授業

当会では、会員の社会保険労務士が、社会人になる前に知ってほしい労働法の基礎知識を高校や大学にお届けする出前授業活動に力を入れてきました。当会が始めたころは先駆けでしたが、いまでは京都府社会保険労務士会も取り組む事業となり、広がりをみせています。 
当会の出前授業の特徴としては、寸劇も使ったわかりやすい授業であることです。ぜひご利用ください。


相談活動



労働・生活相談

不定期に社会保険労務士が相談に応じています。電話相談はしていませんので予め連絡頂いて来所して頂くことになります。

 


専門家紹介支援

あなたの仕事や生活上の問題には、各種専門家(弁護士、司法書士、税理士など)を紹介できます。もちろん紹介料を頂くことはありません。

 


問題解決のためのネットワーク活動


行政との協働・連携

行政の「すき間」を補完することを狙って、国や地方公共団体との連携を積極的に行っています。


他団体との協働・連携

他団体との連携により、問題解決のネットワークの構築を図っています。

特に、公益社団法人京都勤労者学園(ラボール学園)や一般財団法人京都自立就労サポートセンターとは、緊密に連携しています。


龍谷大学地域公共人材総合研究プログラム

「龍谷大学と地方自治体及びNPO関連団体との地域人材育成に係る相互協力に関する協定書」を締結し、龍谷大学地域公共人材総合研究プログラムの1年制修士課程への推薦を行っています。お互いの持つ資源を活用することで、高度な識見を有する人材育成を目指しています。